売上アップを狙える構築ツールでネットショップを繁盛店にする方法を教えます!

HOME » 皆伝!ECサイト売上アップ奥義 » プロモーションに注力できる環境を整えよ

プロモーションに注力できる環境を整えよ

ECサイトを開設した後、すぐにでも多くの顧客を獲得するために商品の低価格化を打ち出そうと考える人も多いですが、これは得策とは言えません。
なぜなら、こうした低価格戦略はかかる労力のわりに売上げアップにつながらないどころか、リスクの方が大きいから。
このリスクとは、結局は大手のネットショップには敵わないという点に集約されます。

大手でしたらクーポンや景品を付けるといったサービスを展開できますが、個人など小規模ショップの経営者ではそれも難しいでしょう。
また、一度でも価格競争に参入してしまえば、経営が苦しくなったからといって値上げをするわけにはいきません。
低価格を維持したまま収益を確保しようとすれば、人件費などどこかに無理が生じる恐れもあり…と、言わば蟻地獄にはまってしまうようなものです。
では、価格競争をせずに売上げを確保し、集客を実現するためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

売上アップのための商品力!5つのポイント

キーワードはずばり商品力です。ひとことで言っても漠然としすぎていますから、5つのポイントに分けてご説明しましょう。

  • 商品構成
    しっかりとリサーチした上で、人気商品を主力として取り扱っているか
  • アピール
    商品がユーザーの目に留まるように訴求できているか
  • 品揃え
    主力商品を中心として、他の商品も含めて豊富に取りそろえているか
  • 価格
    適正に設定するだけでなく、送料や手数料など見直せる部分はないか
  • 提案
    商品の魅力をしっかりと伝えられているか

この5つのポイントさえしっかりしていれば、価格競争に巻き込まれることはありません。
ユーザーを購買行動に導き、売上アップにつなげることもできるでしょう。

しかし、リピーターにできるかどうかというと、これだけではいけません。
右肩上がりに向かわせるためには、商品力以外にも考えなければならないことがあるのです。それが販売力管理力です。

管理力と販売力を整える便利ツールとは?

ECサイトを運営していく上で大切なのは、マーケティングを行った上で商品をそろえると同時に、顧客管理・売上管理をしっかり行うこと。

つまりは、管理力販売力で、これらの枠組みを整えた暁に、集客が実現し、利益を確保できるようになるのです。
この2点を一気に解決できるツールがあります。
それがショッピングカートシステム。

ユーザーとして、みなさんも一度は使ったことがあると思います。
ショッピングカートとは、カートに入れた商品の数・金額・消費税や手数料の計算といった受注管理を行うと同時に、顧客情報をも一手に管理できるシステムのことです。

楽に管理できるようになれば、人件費や外注費の削減につながりますし、プロモーションや仕入れの強化など他の業務に注力できるようになります

便利というだけでなく、店舗運営にも役立つ、なおかつ売上アップにもつながるのですから、使わない手はありませんよね。