売上アップを狙える構築ツールでネットショップを繁盛店にする方法を教えます!

HOME » 皆伝!ECサイト売上アップ奥義 » 魅力的な商品ページを作るコツをマスターせよ

魅力的な商品ページを作るコツをマスターせよ

みなさんがネットショップを利用するとき、商品ページのどこに、または何に魅力を感じるのかを思い返してみてください。
そうすれば自ずと、魅力的なネットショップがどんな構成で商品を紹介しているのかがわかるはずです。

そこで、ここでは改めて、ECサイト内で魅力的な商品紹介ページを作り、売上アップにつなげていくためのコツをご紹介します。

まずは、何と言っても商品の写真です。
ただ商品の写真“だけ”を見せるのでは面白くありませんし、ユーザーの目を引きません。
大切なのは、リアリティをもたせること

例えば雑貨だったら、室内にセッティングして、その商品が映えるような写真。
食品だったら、商品自体の写真とは別に、調理した後の盛りつけた状態の写真…といったように、ユーザーが具体的に、自分の生活に取り入れたくなるような想像をさせることが重要なのです。

3つの文字情報は、見やすく、目立つように

次に、商品を説明する文章です。ここでは、商品名・キャッチコピー・商品詳細説明文の3つに気をつけましょう。

まずは商品名ですが、これはユーザーが一番最初に目にする文字情報ですから、当然、最も目を引くようにしなければなりません。
具体的に言うと、文字を大きくしたり、色やフォントを目立せたり、商品自体に合うものにしたり
そうして少しの手間を加えるだけで、目に“飛び込んでくる”感じを演出できるのです。

キャッチコピーの役割は、商品の魅力を“端的に”“わかりやすく”伝えることです
世の中にはコピーライターという専門の職業もあるくらいですから、一般の人には難しいかもしれませんが、それくらいユーザーの心の琴線に触れやすい、アピールのしどころとも言えます。

最後に商品詳細説明文。
写真や商品名、キャッチコピーで興味をもったユーザーが読むことになる文章で、商品の魅力をより詳しく説明しなければなりません。
なぜ魅力的なのか、他にどんな特徴があるのかといった点について、詳しく、そしてわかりやすく説明する必要があります。
長々と書いても、“ただの文字の羅列”にならないように、言葉を選び、簡潔に記すように心がけましょう

重要なのは、4つのポイントの組み合わせ

ユーザーの購買意欲をかき立てることがECサイトにおける商品紹介ページの役割であり、決して商品を並べるだけのページにしてはいけません。
リアル店舗でみなさんが買い物をするときのことを思い出してみてください。
商品を手にとって、食品であれば賞味期限や原材料などを確認するでしょう。
雑貨だったらディテールの部分にまで目をやるでしょう。
そうした行動を、ネット上でもユーザーに疑似体験してもらうことに、商品紹介ページの意義があるのです。

そのためのカギになるのが、商品写真・商品名・キャッチコピー・商品詳細説明文の4つ
これらを上手く組み合わせることで、ユーザーの購買意欲につなげ、売上げアップを目指しましょう。